2010年08月20日

genten♪

前にも紹介させていただきましたが
『東京カフェを旅する』 ~ 街と時間をめぐる57の散歩~
いわずと知れた 『東京カフェマニア』 の著者 川口葉子さんが
綴られた、東京カフェの歴史と現在進行形のエッセイです。
川口さんのところへ届いたメールで、こんな感想がありました。
   カフェでの時間の過ごしかた、その何気ない時間から
   日々の暮らし方や、生き方に繋がる勇気やインスピレーションを
   受け取っていること。    
   もはや姿を消してしまった魅力的なカフェたちの記憶を    
   大切に胸にしまってあること。
この感想はお客様の立場からのものでした。
とても、考えさせられました。。。  
次のは、お店の立場からの感想です。    
   お客様には見えない部分での地道な努力、葛藤、出口のない悩み、   
   それが喜びに変わる瞬間。。。。
   小さなカフェの日々は、おそらくそのようなものの連続で
   結局のところ、それは一人の人間の生き方そのもの。
う~ん。。。この一冊からいろんなことを考えさせられた りあんでした。
この本が新しい良きカフェの出会いのきっかけになれますように。。。 
  


Posted by りあん at 19:04Comments(0)コーヒー